サラリーマンの方におすすめの筋トレ方法

サラリーマンの方におすすめの筋トレ方法

サラリーマンの方におすすめの筋トレ方法

サラリーマンはスーツを着る事がよくあります。

 

スーツのシルエットは筋トレで筋肉をつけることでだいぶ良くなります。夏場はクールビズでワイシャツ1枚ということも珍しくないため、筋肉の感じをそのまま周囲に伝える事ができます。

 

そこで今回はサラリーマンの方におすすめの筋トレ方法を紹介いたします。

 

筋トレの基本は筋トレをした後にきちんとたんぱく質(プロテインなど)を摂取して超回復とよばれる安静にしている期間を経て筋肉量を増やしていくということです。なので毎日筋トレをするといったことはあまり良くないと言われています。

 

週に3日程度筋トレをするようにしていくと効果的です。その際も腹筋を重点的にする日、背筋を重点的にする日、腕の筋トレを重点的にする日など分けると良いです。筋トレと同時に脂肪も落とすとシルエットが綺麗に見えるため、理想としては筋トレの前に軽いランニング等を行うと良いでしょう。

 

ジムに行ってトレーナーの指導のもとトレーニング器具でトレーニングを行う事が最も良いですが、お金もかかってしまうため自宅でのトレーニングもできるということをご紹介したいと思います。

 

筋トレの中でも一番効果的なものは腕立て伏せだと思っています。きちんとした姿勢で行う事ができれば腕や胸筋だけでなく、背筋や腹筋も鍛える事ができます。また腕立ての腕の幅を狭くしたり広くしたりする事で刺激する筋肉の部位を変える事ができます。まずは腕立て伏せを20回行えるようにしましょう。

 

次にオススメの筋トレが腹筋と背筋のトレーニングです。腹筋と背筋は体幹と呼ばれスポーツをする上でなくてはならないものです。筋トレのイメージとして腹筋というイメージがあるからか初心者は腹筋ばかり行ってしまう傾向がありますが、腹筋と背筋はセットで行うべきであり、背筋もきちんと行う事を忘れてはなりません。特に背筋のトレーニングは腰痛予防にも効果的であると言われています。腹筋の後は背筋をやるというようなルールをきちんと決めた上で行うのが良いでしょう。

 

初めは腕立てと腹筋背筋が各20回1セットでも相当辛いと感じるかもしれません。ですので、初めはそんなに回数をすることなく終わらせ、少しずつ増やしていくのが継続して筋トレを行っていくコツとも言えるでしょう。

 

サラリーマンは時間がないことが多いですが、お風呂に入るまえの少しの時間で結構ですので是非習慣化して行うようにしてみてください。