無理のない食事制限は即効性があるダイエットに欠かせない要素

無理のない食事制限は即効性があるダイエットに欠かせない要素

無理のない食事制限は即効性があるダイエットに欠かせない要素

痩せるためには、日常生活において消費するカロリーと食事によって摂取するカロリーのバランスが重要です。

 

 

 

しかし、社会人になるとなかなか運動する機会がなく、摂取カロリーが大きく上回りがちな環境になってしまいます。いかに無理なく食事制限を行うのかが、即効性があるダイエットに欠かせない要素です。食事制限と聞くと、よくプロボクサーや騎手のような減量をイメージしてしまいますが、実際にはちょっとした工夫で誰でもダイエットを行えます。

 

 

まず朝食については、できるだけ食べた方が痩せやすくなるので、これまで抜いていた方はさっそく生活習慣を改めましょう。人間の体は飢餓に備える仕組みになっていて、朝食を食べない方がかえって太りやすくなってしまうからです。勤務シフトにもよりますが、1日の始まりはこれからカロリーがどんどん消費されていくのだから、きちんと食べましょう。

 

 

昼食についても抜くのは厳禁で、外食がメインになる方はなるべくカロリーが低いメニューを選ぶのが鉄則です。脂質がたっぷり入っているラーメンよりも、ヘルシーな蕎麦を選ぶといった選択が、理不尽な体重増加やスタイルの崩れを防いでくれます。栄養バランスとカロリーを考えた弁当を持参すると、しっかり食べながらもカロリーコントロールが容易になります。そして、仕事が終わった後の夕飯ですが、緑黄色野菜をふんだんに使った煮込み料理や玄米がベターです。仕事終わりのお酒は格別な美味しさではあるものの、お酒のカロリーは高めだから、あまり飲みすぎないことが重要になります。

 

 

つまみとしての定番である揚げ物やナッツ類も、1回の合計カロリーとして1食に相当する数字になりやすいので要注意です。1日の摂取カロリーを具体的に書き出してみるだけでも、現在の自分の状態が明確になるので、一度試してみましょう。意外なところでは、サラダにかけるドレッシングなども高カロリーの原因になっているため、漏れなくリストアップして本当の原因を突き止めてみるべきです。

 

 

仕事中に間食やジュースを飲んでいる場合は、それらの回数を減らすだけでも一定の効果があります。摂取カロリーを減らすと最初は少し辛いですが、やがて胃が縮んで、その生活習慣が当たり前になっていきます。小食で過ごせるようになったら、後は普通に生活しているだけで、ダイエットをしているのと同等の効果を得られて、とてもスマートです。無理のない食事制限をマスターすれば、中高年になって代謝が落ちてきても通用するダイエットとなります。