ムキムキマッスルラバーズ

ムキムキマッスルラバーズ

ムキムキマッスルラバーズ

 

 

ムキムキマッスルラバーズは筋肉を愛し、筋肉に愛されたい人のための情報サイトです。

 

今日からあなたも体を強化して、ムキムキマッスルになりましょう。

 

 

男性でも女性でも、適度に割れた腹筋に憧れることはありませんか?

 

 

そのためには、もう筋トレの名前が「腹筋」とそのままついてしまった腹筋を行うのが最もポピュラーな方法です。これは小学生のことから体育等でやってきたことから、なじみ深いとも言えますよね。ただ、割れるほどの腹筋を作りたいなら、それとは少し違ったやり方でやるのがオススメです。家でやるのなら、まずは腰を痛めないよう、マット変わりになるような布団の上などでやりましょう。

 

 

仰向けになったら、手は頭の下に起き、膝を90度にまげます。ちょっとキツイなと思ったら、つま先の上に重しを置いたり、タンスにひっかけたりしておきましょう。このように準備ができたら、いざ腹筋です。上体を起こし、その姿勢のまま10秒ほどキープしてみましょう。そしたら、ゆっくりと元の体勢に戻っていきます。この時が一番腹筋に効いています。

 

 

早く床につきたい気持ちはわかりますが、この一番苦しいところが大切です。無理をしない程度に繰り返しましょう。慣れてきたら、1回10セットを2回、3回くらいやれれば上出来です。回数をむやみに増やすよりは完璧な1回の方が効果があるので、それを意識できればOK!あとはこれの繰り返しです。しかし、毎日やる必要はありません。

 

 

とあるアメリカのデータによれば、筋トレは週2回が最も効果的とあります。よって、頻度はそこまでつめなくても大丈夫です。自分の体調が良い時に、息抜きとしてやってみましょう。やる気がない時でも、息抜き程度にと緩く考えればそれが継続に繋がっていきます。腹筋は最もシンプルな方法ですが、できれば背筋も同時に鍛えておきたいです。

 

 

何故なら、あまり腹筋ばかりをすると腰を痛める恐れがあるからです。腹筋も背筋も同じようにやることで、姿勢が悪くなることも防げます。割れた腹筋は健康的であり、それを目標としていることで生活がイキイキしてきます。自分磨きの一環として、正しい筋トレをやってみましょう。

 

 

筋トレを行う場合タンパク質を摂取することが必要不可欠

 

 

筋肉を増やすためには、筋トレだけでなくタンパク質を取ることが絶対必要です。

 

筋肉をつけたいと思って筋トレをする人は多いと思います。

 

しかし、タンパク質の事まで考えて筋トレをする人は意外と少ないのではないでしょうか?

 

 

タンパク質は単に筋肉の材料になるだけではない。

 

 

筋肉の元になるなタンパク質ですが、実はそれ以外の体の組織のほとんどにタンパク質は使われています。

 

皮膚や血管、髪の毛や爪などもタンパク質から作られています。

 

骨はカルシウムで作られていると思っている人は多いでしょうが、実は骨が作られるためにはカルシウムだけでなく、タンパク質が必要不可欠なのです。

 

人体の7割は水分と言われることが多いですが、その次に多いのがタンパク質だということは以外と知られていません。

 

新陳代謝で体は常に新しい細胞に生まれ変わっていきますので、最低限のタンパク質を摂取しなければ体を維持することもできません。

 

つまり、筋肉をつけるためには余分なたんぱく質をとる必要があるのです。

 

 

タンパク質はどれだけ取る必要があるのか?

 

 

体に必要なタンパク質の一日分の量は体重のkgをグラムに入れ替えたものと言われています。

 

これは体重が50kgの人だとすると、50グラムのタンパク質を取る必要があることになります。

 

しかし、これはあくまで体に必要なタンパク質の量です。

 

筋肉をつけるためにはこの倍のタンパク質を取る必要があると言われています。

 

つまり50kgの人だと100グラムのタンパク質を取る必要があります。

 

筋トレを休んだ日でも、筋肉を増やすためにはタンパク質は多めに取る必要があります。

 

魚や肉はタンパク質の多いですが、100グラム中のタンパク質が30グラムを超えるようなものはほとんどありません。

 

つまり、筋トレを行う場合は体重50kgの人は1日に肉を300グラム以上食べる必要があるということになります。

 

あくまで肉だけで取ることを考えた場合ですが、他の食品から取るとしても普通に食事をしていただけでは、これだけのタンパク質を取るのは難しいでしょう。

 

 

食事で足りないタンパク質はプロテインで補う

 

 

プロテインとは英語でタンパク質を意味します。

 

ですから文字通りプロテインはタンパク質を補給するための補助食品になるわけです。

 

プロテインは種類によってタンパク質の含有量や内容も違いますし、その製品ごとに確認する必要がありますが、タンパク質の吸収を良くするビタミンなども含まれていることが多いです。

 

更にプロテインは食事に比べて消化吸収が早いので、筋トレ直後にプロテインをとることで、すぐに筋肉を回復させ強くすることができます。

 

筋トレをする上で、プロテインを摂取することは必要不可欠なわけではありません。

 

しかし、筋肉を増やすためにプロテインを取ることは非常に効率的な手段ですので、忘れないようにしましょう。

 

筋肉痛が嫌な人はHMBサプリを飲むようにしてください。

 

https://xn--eckva5ad5q6b2cud.net/